汚さないように注意しよう

クリーニング代を請求される

前もって、返却する際の決まりを調べておきましょう。
洗濯しないで返却できる決まりのお店は、楽なのでおすすめです。
返却すると、スタッフがシミなどの汚れが付着していないか厳しくチェックします。
シミがついていて、クリーニングに出さなければいけないかもしれません。
その場合は、ドレスを借りた人がクリーニング代を支払います。

汚れのレベルによって、クリーニング代が変化しますが、高額になる可能性が高いです。
安く済ませることを目的に、レンタルドレスを利用する人が多いと思います。
しかしクリーニング代が発生すると、購入した時と同じ価格になってしまう可能性があります。
ドレスを着用している時は、汚さないよう意識しましょう。

買い取りを命じられるケース

クリーニングでも落ちないシミがついている場合、また壊れて修復できない場合は、買い取りを命じるお店があります。
こちらの落ち度で汚したり壊してしまったので、文句を言わないで買い取ってください。
丁寧に扱えば、そのようなトラブルは起こりません。
ですが最初から汚れていたのに、買い取りを命じる悪質なお店も存在しています。

ドレスを着る前に、汚れや壊れている部分がないか調べてください。
汚れていても気にしないで着用していると、自分がつけた汚れだと思われます。
最初から汚れている場合は、すぐお店に伝えてください。
すると、綺麗なドレスと交換してくれます。
スタッフが汚れを見落としていることも考えられるので、自分でチェックしましょう。


▲ TOPへ戻る