安く済ませられるメリット

試着の手間を惜しまないこと

お店に行ってレンタルドレスを選択する際は、試着をしてください。
どこのお店でも、試着ができる決まりになっていると思います。
試着することで、ピッタリ合うサイズか分かります。
見た目は普通のドレスでも、通常より細めに作られていることがあります。
伸縮性のない素材を使っているドレスは、普段着用しているサイズを選択するときついと感じるかもしれません。

きついドレスを無理に着用すると、苦しいのでおすすめできません。
何度も試着をして、窮屈に感じないサイズを見つけてください。
好みのデザインを見つけても、窮屈で着られなかったり、逆に大きすぎた場合は諦めましょう。
レンタルドレスを探す際は、サイズが合うことを最も重要に考えてください。

インターネットから注文する

近くに、レンタルドレスを扱っているお店を見つけることができないかもしれません。
インターネットから注文できるお店も存在するので、近くにないなら利用してください。
自宅から簡単に注文できる部分がメリットですが、サイズが具体的に分かりません。
サイズ表記を確認して、自分が着られるか判断しましょう。
Sサイズなど、簡単にサイズを書いているだけのお店はおすすめできません。

ドレスによって同じSサイズでも大きく感じたり、小さく感じたりします。
具体的に肩幅が何センチ、ウエストが何センチと言うように数字を記載しているお店なら安心できます。
選択する前に、自分の身体のサイズも調べてください。
それなら、サイズを間違うことは無いでしょう。


▲ TOPへ戻る